top of page

記帳代行のメリットと、デメリット


記帳代行業者は多くいる。

しかし、まず一歩考えてみる必要がある。


メリットは、

作業の手間が省ける

伝票の記入や入金や出金などといった各種伝票作成から記帳までの業務負担が大幅に減少しする。

コストダウンができる

記帳代行の担当者は主に、経理担当者ですが、経理担当者を雇う余裕がない場合や不在になってしまった場合に記帳代行サービスを利用すると、新たに雇う必要がないため、コストを大幅に減少させることができる。

作業が迅速かつ正確

記帳代行サービスの会社や税理士事務所には経験豊富な人材が結集しているので、初めて記帳をするよりも、はるかに迅速かつ正確に対応してもらえるため、税務調査対策にもなる。

税理士資格を持っている記帳代行サービスは税務申告もしてくれる

日頃の記帳だけではなく税務申告や年末調整まで担当してくれる場合もある。


逆に、デメリットもある。

税理士が在籍していない場合

誰が税務申告をするのかという問題が浮上する。税務申告は税理士しか業として行えないので、提携している税理士がいるのかどうかを事前にしっかりと確認することが重要である。

違法な業者が混じっていることがある

記帳代行サービス業者に提携の税理士がいないのに、「税務申告まで請け負います」という違法行為を行っている業者もいますので、注意が必要である。

価格設定がわかりにくい場合がある

設定金額は安いが、後からいろいろなオプションがつき、最終的には高くついてしまったということにならないように、料金設定はしっかりと相談してから決めるべきである。


このようなリスクを考えなければ、記帳代行業者に頼まない方が無難である。

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page