• Hiroki Osada

経営コンサルタントの意義

経営コンサルタントを活用することで、社内的にも社外的にも多忙な経営陣の気がつかない問題点の洗い出しや、気づいていてもなかなか対応ができていない問題点への対応が、可能になります。さらに、一人で悩んでいる経営者のよき相談役としての存在は、モチベーションの維持や向上の観点から見ても重要です。

一般的に企業が経営コンサルタントを活用する目的は、次の5つのことが考えられます。

  1. 経営管理やビジネスで企業が抱えている諸問題を解決するため。

  2. 新たなビジネスチャンスを探し、企業の飛躍を目指すため。

  3. 会社組織の目的や目標の設定やその達成に向けてのサポートをしてもらうため。

  4. 従業員や経営陣のモチベーションを上げて、業務効率を向上させるため。

  5. 新たなる変革を実施し、合理化や付加価値の向上を目指すため。

例えば。

 従業員の入退社が多く、現在の就業規則で対応できていない。

 新たな商材を発掘したが、未知の分野をどのように調査し分析すればよいかわからない。

 ISO対策や安全衛生対策を考えたいが、知識のある人間が社内にいない。

 いつも会議では同じような意見ばかりが出て停滞ムードになっており、進歩がない。

 会社の方針が従業員に理解されず、実施できないのはなぜだろうか。

 借入や補助金を得るために事業計画書が必要だが、社長は考える時間がない。


現在中小企業が抱える問題は多種多様にわたっており、実際の悩みはまだまだあると考えられます。これらを解決するためには、多くの事例に明るく常に最新の情報をもっている経営コンサルタントを活用すれば、この変化の時代にもっとも重要な時間の短縮(問題解決や変革に向けての試行錯誤の時間の短縮)が図れることになります。

閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示